ドゥテルテ大統領@フィリピンが同国に無法状態宣言な件について

 法に拠って選ばれた大統領が、法の裁きに拠らない犯罪者の処刑を奨励し、法に拠らないテロ行為を行った連中を狩るために無法状態を宣言か。

f:id:kagura-may:20151128155035j:image:w250

 まさに悪夢。とても正気の沙汰じゃない。

 フィリピンにおいて法治主義は死んだ。ポピュリスト親父の暴走が殺した。

 つっても、この親父一人が悪いわけではない。現状に不満を抱く愚民がケバケバしい成果に目を奪われて、国のトップに副作用山盛りの劇薬を選んだ結果がこれだよ。独裁者の暴走は、独裁者を選んだ国民の方にこそ、より重大な責任がある。

 急速に混沌の極みに陥りつつあるフィリピン。どう考えても、ドゥテルテが大統領になる以前より国内の治安が混乱する流れ。国民の20分の1を占めるイスラム教徒の扱われ方次第では、ミンダナオで過去最悪クラスの「内乱」が勃発するぞ。

フィリピン大統領、「無法状態」を宣言 テロ組織に対抗

 フィリピン南部ミンダナオ島のダバオ市で2日夜にあった爆発で、これまでに14人が死亡し、少なくとも71人がけがをした。警察当局が明らかにした。現地報道によると、イスラム過激派アブサヤフが犯行を認めた。ドゥテルテ大統領は現地から、テロ組織に対抗するための「無法状態」を国中に宣言した。

 民放テレビABS―CBNは同日、アブサヤフの報道担当者が「国中のイスラム戦士の結束のためにやった。数日内にさらに攻撃する」とコメントしたと報じた。

 爆発現場は路面に飲食店などがならぶ夜市で、多くの人でにぎわっていた。犠牲者の中には12~15歳とみられる子どもが含まれていた模様。爆発物の特定はできていない。

 ダバオ市は6月に就任したドゥテルテ大統領の故郷。ドゥテルテ氏は3日、無法状態の宣言は「戒厳令ではない」としつつ、検問や外出時の門限を設けるなど、「皆の安全が再び確保できるまで無法な暴力の状態を宣言する」と述べた。

 明確な説明はしなかったが、麻薬組織撲滅を掲げて警官などによる非合法な殺人を黙認しているドゥテルテ氏が、テロ組織撲滅に向けて過激な対応を加速させる可能性もある。

(9月3日 朝日新聞)

 ここで「地 底 の 煽 り 妖 怪」を紹介。


D

悟り。

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。