LGBTの祭典「LAプライド」を襲おうとした男、逮捕な件について

 記事にもある通り、フロリダ州オーランドのゲイ・クラブ「パルス」を襲ったオマル・マティーンと、カリフォルニア州ロサンゼルスの同性愛者パレード「LAプライド」を襲おうとしたジェームズ・ハウエルの間に接点はないと考える。ハウエルが「パレードを襲うつもりはなかった」と供述している点は、端から考慮外としても。

 ただ、「性的少数者をターゲットにした大量虐殺が実行され、続いて実行されそうになった」という事実は残った。この事実に「乗るしかない このビッグウェーブに」と感化され、LGBTに対する暴力的排斥行動を模倣する輩は出てくるだろう。思想や境遇、普段の性的嗜好関係なしに。そして、分析不能なヘイトは新たなヘイトと不安を生み、次の無関係なヘイトクライムの母体となる。

 ぶっちゃけ、普通に理解可能な動機のテロが世界各地で発生するより、歪なスタンド・アローン・コンプレックス現象がグローバルに顕現する方が恐ろしい。

f:id:kagura-may:20140629005209j:image:w300

LAでゲイパレード襲撃計画か 男を逮捕、車に大量の武器

 【AFP=時事】(更新)米カリフォルニア(California)州サンタモニカ(Santa Monica)で12日、所有する自動車内に多数の武器や弾薬、爆弾の材料を所持していた男が逮捕された。男は、同州ロサンゼルス(Los Angeles)で同日に行われたゲイプライドパレードに参加するつもりだったと供述しており、警察が詳しい動機について調べを進めている。

 逮捕されたのは、ジェームズ・ハウエル(James Howell)容疑者(20)。サンタモニカ警察は当初、男がプライドパレードに「危害を加える」つもりだったと供述したと発表していたが、後にAFPに対し、男が供述したのはパレードへの参加予定のみで、襲撃計画については言及していなかったと訂正した。

 同日未明には、フロリダ(Florida)州オーランド(Orlando)の同性愛者向けナイトクラブで50人が死亡する米史上最悪の銃乱射事件が起きたばかりだった。警察当局は、両事件の関連性はないもようだとしている。

 米紙ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)が警察筋の話として伝えたところによると、サンタモニカで不審人物についての通報があり、駆け付けた警官が容疑者の車からアサルトライフル3丁、大容量の弾倉、爆弾製造に使われる薬品が入った容量19リットルの容器を発見した。車のナンバープレートはインディアナ(Indiana)州のものだったという。

 ロサンゼルスのゲイプライドパレードには、フロリダ州の銃撃事件が発生する前の予想として、約40万人の参加が見込まれていた。【翻訳編集】 AFPBB News 

(6月13日 AFP-BB)

 ここで「(東方MMD)妖夢の卵とじ(MMD紙芝居)」を紹介。


D

懐かし&良MMD。

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。