親「山菜採りで行方不明は嘘。躾で山林へ置き去りに」 ~ 北海道北斗市の田野岡大和君、いまだ行方不明

 いきなり山の中へ置き去りにされれば、パニックになった子供はすぐに移動を始めるだろう。仮に分速10mの移動速度で10分放置されれば、子供は見通しの悪い山林で、最終確認地点から直径200mの円内の1点と化す。更に移動し続けるその1点をロストして、更に何かのトラブルが起きれば、素人1-2人の捜索程度で捉えられるわけがない。

 大和君は28日、家族4人で近くの公園を訪れた。その際、小石を人や車に投げつけるなどしたため、両親が「悪いことをするとこうなる」という意味で、同日午後5時ごろ、現場の山道で大和君を車から降ろした。

 500メートルほど離れ、5~10分してから戻ったところ、大和君はいなくなっていたという。

 そもそも、この情報からして、どこまでが正確なのか怪しいもんだけどな。だって、大和君の「遭難」当初、親が報告していた彼の服装は「緑と白のTシャツにジーンズでサンダル履き」だったのに、なんで置き去りを認めた瞬間、「黒の上着を着用して赤の運動靴履き」に変わるんだ? おかしいだろ。

 なんか嫌な予感がするぞ、この「事件」。熊の出没の可能性以上に。

f:id:kagura-may:20160424224833j:image:w250

「しつけ」で山林に置き去り、小学生が行方不明 北海道

 北海道七飯町東大沼の山林で28日夕、北海道北斗市の小学2年生、田野岡大和君(7)が行方不明になった。函館中央署によると、両親が「しつけのため」として山中で車から降ろし、数分後にその場に戻った時には姿が見えなくなっていたという。大和君は29日夕方になっても見つかっておらず、同署員らが周辺を捜索している。

 現場は起伏のある斜面と沢が入り組んだ山林。同署によると、大和君は28日、家族4人で近くの公園を訪れた。その際、小石を人や車に投げつけるなどしたため、両親が「悪いことをするとこうなる」という意味で、同日午後5時ごろ、現場の山道で大和君を車から降ろした。500メートルほど離れ、5~10分してから戻ったところ、大和君はいなくなっていたという。

 両親は当初、同署に対し、「山菜採りの最中に不明になった」と説明していたという。

 大和君は黒の上着を着用し、赤の運動靴を履いていて、食べ物や携帯電話は持っていないという。

(5月29日 朝日新聞])

一押しして頂けると励みになります<(_ _)>

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。