新元素113番の命名権を「発見者」理研がGETな件について

 この2年間、STAPや不正送金など「発見」関係でトラブル続きだった理研。たまにはこういう褒められる「発見」が世間に認知されないと、研究者もめげるわな。というわけで、おめでとう。ありがとう。

 次のお題は、「新元素113番にはどんな名前が選ばれるか」。さすがに「見つけたと思ったらすぐ消えた=スタッピウム」は冗談でもありえないとして、候補としては、ざっと次な感じかな。

日本の研究機関が発見:ジャポニウム

f:id:kagura-may:20151231155620p:image:w250

 なんて素敵に…んー、何か間違えたかなー?

 一番ありえそうなのが、この「ジャポニウム」。地名にちなんで「サイタマニウム」が来たら笑う。もっとも、学園都市ドゥブナ@ロシアの「ドブニウム」やダルムシュタット市@ドイツの「ダルムスタチウム」とかの前例があるからな。サイタマニウムもワンパン、もといワンチャンあるで。

研究機関名にちなんで:リケニウム

 これもありえそう。米カリフォルニア大学由来の「バークリウム」や「カリフォルニウム」の向こうを張ってやれないこともない。ただ、ここ最近の理研の権威失墜ぶりを考えると、優先順位は「ジャポニウム」より低そうだ。

発見者名にちなんで:モリチウム、モリタニウム、モリウム

 これも、それなりにありえそう。更に、現在九大にいる森田教授が福岡繋がりで「タモリウム」を申請する茶目っ気を出してくれたら、尊敬するです。

男のロマン:ジャパニウム、ガンダリウム、スペシウム、エメリウム

 いつか、アメリカの「スタートレック」ヲタな研究者が、ダイリチウムを発見してくれるって、私信じてる。

新元素113番、理研「発見者」に認定…日本初

 理化学研究所(埼玉県和光市)のチームが2004年に作製に成功した原子番号113番の新元素について、化学者の国際機関「国際純正・応用化学連合」が日本時間の31日、理研を発見者と認定したことを発表した。

 すべての物質のもとになる元素の発見者が日本のチームとなるのは、日本の科学史上初の快挙となる。新元素の命名権は、理研チームに与えられる。

 04年7月に、当時理研仁科加速器研究センターのディレクターだった森田浩介九州大教授らのチームが加速器を使って亜鉛の原子をビスマスの原子に衝突させ、113番元素1個を作製することに成功した。同じ方法で05年、12年にも作製した。

 元素は110種類以上見つかっている。軽い順に原子番号がつくが、自然界に通常存在しない重い元素は人工的に作製する。113番元素は、ロシアと米国のチームも作製したと主張していた。

(12月31日 読売新聞

 ここで「2015年のニコニコ動画で『宝箱-TREASURE BOX-』」を紹介。


D

2015年もそろそろ終わりだなあ。

PV¥uc0¥u12450 ¥u12463 ¥u12475 ¥u12473 ¥u12521 ¥u12531 ¥u12461 ¥u12531 ¥u12464  ¥u12395 ¥u12411 ¥u12435 ¥u12502 ¥u12525 ¥u12464 ¥u26449

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。