【茶番】大阪都構想の住民投票は反対多数で決定。橋下徹は政界引退へ【終了】

 「維新vs反維新」「若年齢層vs高齢層」のお祭り、ついに終了。ついでに維新も終わりかな。

f:id:kagura-may:20140907141758j:image:w300

 橋下の転職先がどうなるかはどうでもいい。どっかのテレビの文化人タレント枠に、普通の顔して復帰するだけさ。

 それよりも、維新が、どういうプロセスを経て瓦解するか、あるいは他党に乗っ取られて消滅するかには、興味があるね。誰がユダになるかも含めて。わくわく。

都構想住民投票、反対多数確実…大阪市は存続へ

 政令指定都市の大阪市を廃止し、五つの特別区に分割する「大阪都構想」の賛否を問う市民対象の住民投票が17日実施され、開票の結果、反対が賛成を上回ることが確実になった。

 都構想の制度案(特別区設置協定書)は廃案となり、大阪市は存続する。

 都構想実現を目指していた地域政党・大阪維新の会の橋下徹代表(大阪市長)は、「住民投票で負ければ政治家を辞める」との考えを示しており、松井一郎幹事長(府知事)とともに、今年11~12月の首長任期満了をもって政界から引退する見通し。

 住民投票は4月27日に告示され、推進派の大阪維新と反対派の自民、民主、公明、共産各党の地方組織が激しい宣伝合戦を展開した。

 今回の住民投票の当日有権者数は210万4076人で、過去に各地で行われた住民投票で最大規模。投票率は66・83%だった。

(5月17日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です