【米帝介入で終戦なんて】イスラエルがゴラン高原でシリア軍機を撃墜【とんでもない】

 米国をはじめとする対「イスラム国」有志連合軍による本格軍事介入ついでに、シリア問題が一気に解決してもらっては困るイスラエルが、前触れなくシリア軍機を撃墜。

f:id:kagura-may:20140829211659j:image:w300

 これで米国は、シリアに陸上部隊を含めた大規模侵攻をしにくくなった。結果、シリアも、もちろん、イスラム国も短期間で潰されることは無くなり、中東の戦乱は長期泥沼化する。イスラエル以外、世界の誰も幸せにならない未来予想図だ。やれやれだね。

 あ、一個だけいいことがあった。2022年W杯のカタール開催を他会場に変更しやすくなった。それくらいか。

シリア軍機を撃墜=イスラエル

 【カイロ時事】イスラエル軍は23日、占領地ゴラン高原の上空を飛行していたシリア軍機1機にミサイルを発射し、撃墜した。シリア軍機に対する迎撃は1989年以降初めてという。イスラエル紙ハーレツ(電子版)が報じた。 

(9月23日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。