【臭いモノに蓋】日本振興銀行の「闇のお友達」中小企業振興ネットワーク関連企業5社、まとめて破産【竹中平蔵は知らんぷり】

 ここ最近の「ASKAのシャブ&キメキメSEXバレ逮捕→パソナのセレブ接待バレ」と「インデックスの落合夫妻の逮捕→日本振興銀行の闇再び」の合わせ技で、竹中平蔵の「小さい目をキョロキョロさせてる鉄面皮」に一発喰らわせる展開を演出できないかな?と、ちょっと真面目に考えていたところに、今日のコレ。

f:id:kagura-may:20140120004518j:image

 真面目な話、奴を攻めるなら今。つか、御影人脈にスポットライトを当てるなら今。STAP細胞絡みで、神戸の理研もこけた直後だしね。どうよ?マスコミの皆さん。今なら、世論はあんたらの味方になる…かも、知れないよ?。

日本振興銀行関連 株式会社関西フィナンシャル・ポートなど5社 破産手続き開始決定受ける

「東京」 (株)関西フィナンシャル・ポート(資本金5000万円、港区西麻布2-24-11、登記面=大阪府大阪市西区京町堀1-4-16、代表松平敏幸氏、設立2007年6月)、(株)日本フィナンシャル・ポート(資本金1000万円、同所、登記面=千代田区飯田橋1-3-7、代表藤原和男氏、設立2007年3月)、(株)ウィンテグレータ(資本金2億6000万円、同所、登記面=大阪府大阪市北区神山町1-3、代表藤原和男氏、設立2004年3月)、(株)セールスサポート・ファイナンス(資本金1000万円、同所、登記面=中央区日本橋小伝馬町10-1、代表奥野喜彦氏、設立2007年3月)、(株)店舗バンク(資本金1000万円、同所、登記面=千代田区飯田橋1-3-7、代表奥野喜彦氏、設立2007年6月)の5社は、5月28日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 破産管財人は鈴木雅芳弁護士(港区虎ノ門2-8-1、電話03-3597-8855)。債権届け出期間は7月2日までで、財産状況報告集会期日は9月1日午前11時。

 5社は主に日本振興銀行の融資先で構成される「中小企業振興ネットワーク」に加盟する中小企業向けに金融事業などを展開していたが、日本振興銀行が2010年9月に民事再生法の適用を申請。事業継続が困難となり、今回の事態となった。

 負債は(株)関西フィナンシャル・ポートが約86億8600万円、(株)日本フィナンシャル・ポートが約50億2100万円、(株)ウィンテグレータが約2億9400万円、(株)セールスサポート・ファイナンスが約17億3600万円、(株)店舗バンクが約5億6600万円で、5社合計で約163億300万円。

(6月4日 帝国データバンク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。