ウクライナ現政権は「クリミアと東部要衝を失った後の大統領選」に頭を切り替えるべき

ロシアのウクライナ侵略の落とし所は?な件について(2014/3/3)

 2週間前に述べた通り、ロシアの侵略に対してウクライナに打つ手は既に無い。クリミアはもちろん、ハリコフやドネツィクといった東部要衝も今のうちに諦めといた方が、彼らもショックは少ないと思うよ。

 むしろ、これらの地域をプーチンに奪われた後の大統領選をどう戦うかに、今のうちから頭を切り替えた方が建設的だ。キエフにいる現政権上層部は。

「親ロシア地域を切り離された後だから、残った親EU派の自分たちに有利な選挙戦になる」?

f:id:kagura-may:20140316193425p:image

 「そんなこたーない」

 むしろ逆。クリミアや東部工業地域と関係が深い大都市や商業都市が、あてにならない欧米よりもロシアとの関係修好を望むから、これからは、親ロシア候補の方が有利になるターン。下手すれば、大統領選後、今のキエフの連中は揃ってお払い箱だ。

 それどころか、いつまでもEUや米国の支援に夢を見ていると、ウクライナの歴史の針は、10年分どころか100年分ほども巻き戻されることになる。オバマやメルケルからプーチンへの寝返り時を間違えないことだな。ヤツェニュクはともかく、ティモシェンコたんあたりは、そのあたりを弁えていると思うが。さて。

クリミア住民投票始まる、ロシア編入の賛否問う

 【3月16日 AFP】ウクライナ南部クリミア(Crimea)自治共和国で16日朝(日本時間同日午後)、ウクライナからの分離とロシア編入の賛否を問う住民投票が始まった。

 現地で取材中のAFPの記者によると、ある投票所では16日午前8時(日本時間同日午後3時)より前に投票が始まったもようだ。AFP記者が訪れたある投票所には、正式な投票開始時刻の30分前に65人ほどの有権者が到着していた。

 欧州の東端に位置するクリミアで、ロシアは冷静時代のような対立を引き起こしている。投票ではロシア編入が賛成多数で承認されると予想され、ウクライナ暫定政権やロシアを除く国際社会の大半は投票結果を受け入れない姿勢を示している。

 有権者数は約150万人で、ロシア編入か、ウクライナの一部にとどまり自治権を拡大するかを選択する。現状維持は選択肢に入っていない。クリミア半島は住民の大多数がロシア系で、この1か月ほどは実質的にロシアが掌握している。

 暫定結果は16日午後8時(日本時間17日午前3時)の投票締め切り後まもなく発表される予定だが、セバストポリ(Sevastopol)では早くも街頭でロシア国旗が配布されている。ロシア編入が承認された場合、今週から数か月かけて編入手続きが行われる見通しだ。

 住民投票について親ロシアのクリミア当局とロシア政府は、コソボ共和国がセルビアからの独立を決めたのと同様の自主決定だと主張しているが、米政府は、「ロシアが銃身を突き付けている」中での投票は民主的ではあり得ないと批判している。

(3月16日 AFPBB)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。