大西隆博@岐阜市議が岩手で凍死

岐阜の大西市議と言えば、地元じゃ有名な「壊れていた人」だから、自殺だろうと言われても納得はするけどさぁ…

福地由樹のエクストリーム切腹自殺といい、堀江博海周辺の地元政財界のドロドロといい、ここ一月の岐阜市は、ぶっちゃけ新宿よりも魔界都市化している。

何がどうなってるんだ?と疑う段階を通り越して、既に近寄りたくない雰囲気を醸し出してる同市。おっかねぇ。

私もみくるちゃんに倣うとしよう。本件については、もう、何も考えない。

岐阜市議が凍死 岩手で発見

大西隆博・岐阜市議(48)が岩手県滝沢市の岩手山登山口近くで凍死していたことが12日、盛岡西署への取材で分かった。同署は自殺の可能性もあるとみて調べている。

盛岡西署などによると、11日午前7時45分ごろ、滝沢市の岩手山馬返し登山口近くにある駐車場で、大西市議が倒れているのを登山者が発見した。

外傷がないことなどから、事件に巻き込まれたり、遭難したりした可能性は低い。駐車場には大西市議が乗って来たとみられる車があった。

大西市議は平成23年4月に初当選し、1期目だった。

(1月12日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。