やはり、Li-ion二次電池ではなくBMSの欠陥が事故原因の可能性濃厚になったB787騒動 ~ GSユアサからパスされた「犯人役」のボールを次の誰かに渡せなければ、関東航空計器は終わり。

B787の欠陥はLi-ion二次電池本体ではなくBMSにある件について(2013/1/18)

少なくとも、ボーイング本社は事故責任を取るつもりは、1ミリグラムも持っていない。時間はもう余り無いぞ。関東航空計器。

監視装置メーカーを立ち入り検査=787型機バッテリー―国交省

全日空の最新鋭旅客機ボーイング787型機の緊急着陸トラブルで、国土交通省と米連邦航空局(FAA)は28日午後、航空機器メーカー「関東航空計器」(神奈川県藤沢市)の立ち入り検査を行った。同社は、異常が確認されたメーンバッテリー内にある保護・監視装置に当たる基板を作製した。

(1月28日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。