身柄確保までの経緯が重要な菊地直子容疑者@オウム真理教の逮捕劇

年明け早々の平田信のように「誰か」を延命させるための自首チックなものなのか。それとも「別の誰か」に売られた結果なのか。さて、どっちなんだろうね。

オウム真理教の菊地直子容疑者 相模原市内で身柄拘束

平成7年の地下鉄サリン事件でサリン製造の疑いがもたれ、特別手配されていた菊地直子容疑者(40)が3日、相模原市内の潜伏先で身柄を確保された。警視庁へ身柄を移される方針。

警視庁は事件への関与を追及するとともに、逃亡生活の全容解明を進める。

(6月3日 産経新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。