朝の京浜東北線、一時不通=信号トラブルで14万人に影響

 11日午前5時40分ごろ、磯子発大宮行きのJR京浜東北線が鶴見-川崎間で赤信号を受信して停止した。復旧作業のため、蒲田-大船間が同9時50分ごろまで4時間以上にわたり不通となった。ラッシュ時間帯で、121本が運休、約14万5000人に影響が出た。

(時事通信) – 5月11日

先月28日に続いて見事に喰らいました。しかし、○○はどうしてこういう時に限ってタクシーが来ないんだろう?(答:マーフィーの法則)。ちなみに、原因は新型デジタルATCの不具合のようですね。β版なシステムを十分な検証無く使ったりするから、こんなことになるっつーの。

これがホントの「見切り発車」。おそまつm(_ _)m。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。