平塚の怪!娘殺し容疑で母を逮捕、ほかに4遺体発見

 神奈川県警平塚署は3日、娘の岡本利加香(りかこ)さん(当時19歳)を殺したとして、住所不詳、無職岡本千鶴子容疑者(54)を殺人の疑いで逮捕した。

利加香さんが住んでいた同県平塚市のアパートには、遺体が残されていたほか、男性(35)が首をつって自殺していた。さらに、男児と新生児計3人の遺体も見つかり、同署は岡本容疑者が事情を知っているとみて捜査本部を設置し、調べている。

調べによると、岡本容疑者は2005年10月12日ごろ、アパート室内で利加香さんの首をひものようなもので絞めて殺害した疑い。室内から、岡本容疑者が書いたとみられる「娘を殺した」とのメモが見つかり、2日深夜、東京都多摩市で岡本容疑者を見つけ、事情を聞いたところ容疑を認めた。

(読売新聞) – 5月4日

とりあえずアレですな「読売悪乗りしすぎ!>タイトル」。

にしても、自殺していた男性が利加香さんの異母兄だの、利加香さんの携帯からは彼女が死んだ後からも返信があっただの、子供の遺体のうち1名は22年前に失踪していた千鶴子容疑者の長男である可能性が高いだのと、これでもかっていうくらい横溝正史の世界。子供3名の親が誰かが分かればおおよその事件の概要は見えてくるんでしょうが、なんだかなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。