<千葉県知事選>吉田平氏が出馬表明 5氏混戦の様相

 候補者というより、その支持層の思惑の方が混戦模様(笑)な今回の千葉知事選。森田氏に対する与党陣営の分裂スタンスはまあ分かるとして、民主党の「白石女史→吉田氏への推薦候補チェンジ」はぶっちゃけ悪手では?。白石女史に比べて吉田氏が劣ると言うんじゃなく(本来なら民主にしてはナイス判断)、「今、知事候補にしたことで吉田氏を逆風下に置くことになった」という意味で。

 吉田氏本人の意向はともかく、「預かったばかりのいすみ鉄道をこんな簡単に放り出すなんて無責任!→こんな無責任な人を知事にしていいのか?」って論法で対立候補から攻められたら、対抗しようがないよなあ。「いすみ=第三セクターだから、知事になったら社長の時よりも強い権限下で再建を進めますよ!」という荒業主張ができないことも無いけれど。

 民主党が要請したマニフェスト候補18項目のうち白石女史が蹴った15項目の中身にもよるけど、白石女史のようなガチガチというか極端な新自由主義者&御用文化人なんて、このご時世では全くお呼びじゃない(人格面については敢えてノーコメント)。吉田氏も出馬までの推移が好意的に取られるとは思えないし、白石女史との票の食い合いは必至。西尾&八田の両氏は論外として、消去法でいくと本命は森田氏でしょうか?。大阪の橋下知事や宮崎の東国原知事は「予想外」に化けたけど、森田氏はどうでしょうね。化けなけりゃ「100%ダメ決定」ですが。

 まあ、個人的には、選挙の結果もさることながら、日頃の主張と全く相容れないはずの白石女史を臆面も無く推す公明党が、どんだけアレな選挙戦を展開するかの方に興味がありますけどね(笑)。

 千葉県知事選(3月12日告示、29日投票)は7日、第三セクター「いすみ鉄道」(大多喜町)元社長、吉田平氏(49)が立候補を表明、吉田氏を「後継指名」した堂本暁子知事(76)=2期目=が一緒に会見して不出馬を表明した。これにより知事選は、5氏による混戦になることがほぼ固まった。

 他に出馬表明しているのは、いずれも無所属の▽関西大教授・白石真澄氏(50)▽県議・西尾憲一氏(58)▽社会福祉法人理事長・八田英之氏(64)=共産推薦▽俳優・森田健作氏(59)。

 前回堂本氏に惜敗した森田氏に勝てる構図作りを目指し、白石氏を自公民相乗りで擁立する動きがあったが、自民県連は自主投票で対応。県議団が白石氏、森田氏を支援するグループに二分され、一部に吉田氏を推す動きもある。民主県連は白石氏の推薦を取り消し、9日に吉田氏推薦を決める方針。公明は白石氏を支援する。【神足俊輔、斎藤有香】

(2月7日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です