<コムスン>厚労省、介護不許可 撤退は不可避か

 おいおい、嘘を書くなよ毎日新聞。コムスンは介護事業の先駆け・榎本のとっつぁんから、「でぽちん」折口雅博氏が買い取った(≒乗っ取った)もんだぞ。ホリエモンの「オン・ザ・エッジ→ライブドア」と同じ、「宿り木ブランド/乗っ取り」戦略だっつーの。

 でぽちんは、コムスンの介護事業をグッドウィルグループ傘下の別会社に移管して、事業を継続しようとしてますが、そもそも今回の処分は、折口のダンナを始めとするグループのトップが絡んだ詐欺行為が原因。そのトップが何も責任を取らずに逃げ切ろうなんて虫が良すぎやしませんか?。まさに「世論の火に油」なこの愚策。ホント、やることが大きい割にいつもワキアマなんだよなあ>でぽちん。

 ちなみに↓が、これまで「でぽちん折口氏&グッドウィル疑惑」について触れてきたエントリー。これらを踏まえて更に言いたいことは多々ありますが、とりあえずアレだ。「インケツな状況が続くねえ。西武ライオンズも」(え?それなん(^^;>自分)。

西京銀行を行政処分へ 不祥事報告せず

グッドウィルが高い、人材派遣のクリスタルを買収

三洋電機が球宴撤退 経費削減へ決断

コムスンに関する報道は事実無根、法的措置検討中=グッドウィルG

折口会長、報酬5割カット―グッドウィル=無配転落で経営責任

コムスン、介護事業所指定を不正取得…都が改善勧告

 グッドウィル・グループ(GWG)の訪問介護最大手「コムスン」(東京都港区)が青森、兵庫県で運営していた事業所で雇用していない訪問介護員を勤務しているなどと偽って申請し、事業所指定を受けていた問題で、厚生労働省は6日、コムスンの介護事業所の新規開設や更新を認めないよう都道府県に通知した。介護事業所についてこうした処分が下されたのは全国初めて。コムスンは介護サービス事業から撤退する可能性が強まった。

 同省老健局によると、コムスンは06年7月に青森県、今年1月に兵庫県内の事業所の新規指定を受けたが、その際、勤務実体のない職員数を水増しするなどの虚偽の申請をした。

 コムスンは、04年4月~今年1月、東京都、岡山県、青森県、群馬県、兵庫県の計8事業所の新規指定の際に虚偽の申請をしたことが各都県の監査で発覚。各都県は各事業所を廃止処分にした。

 介護保険法では、事業所が廃止されると、より厳しい「指定取り消し」処分ができなかったが、昨春の同法改正で「居宅サービス等に関し不正または著しく不当な行為をした」申請者に対し、指定取り消し処分ができるようになった。このため同省は、昨春以降に指定された青森、兵庫県のケースについて規定を適用し、申請者であるコムスンが全国展開する事業所の新規指定・更新を認めないようにした。

 今回の処分により、申請者のコムスンの役員が、別会社で介護サービス事業を行うこともできなくなる。利用者は、更新期限を迎えるまでは各事業所でサービスを受けられる。

 コムスンは全国に約2081事業所を展開しているが、今後、更新期限(6年間)を迎える事業所が順次廃止されていくことになる。その結果、コムスンの事業所は2011年度には426カ所になり、事業継続は困難になる。【柴田朗、清水健二】

 ◇コムスン 人材派遣大手のグッドウィル・グループが100%出資し、88年に設立。老人福祉事業を全国で展開しており、民間の信用調査会社によると、06年6月期の売上高は638億円。事業内容としては、在宅サービスや通所サービスを行っている。利用者は約6万人。

(6月6日 毎日新聞)

コムスン、グループ内譲渡を発表…介護事業継続を狙う

 訪問介護大手「コムスン」(東京都港区)が、厚生労働省から介護事業所の新規指定などが認められなくなった問題で、親会社のグッドウィル・グループ(GWG)は6日、コムスンの全事業を、同グループ連結子会社の施設介護会社、日本シルバーサービス(東京都目黒区)に譲渡する方針を決めたと発表した。

 GWGは、「顧客へのサービス継続と従業員の雇用の確保を最優先するため」としている。

 厚労省の指導で介護事業所の新規指定と更新が5年間認められなくなり、コムスンの事業所は現在の2081事業所から2011年度には426事業所にまで減少する見通しとなった。GWGは、日本シルバーサービスに事業を譲渡することで、コムスンが行っている訪問介護事業は継続できるようになるとしている。

(6月7日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です