飼い犬に噛まれても見捨てないジャニー喜多川さんは流石な件について

 表向き、上半身と下半身をキッチリ切り分けている良識者であるように我が身をアピールしながら、その実、本音を隠さず、かつ予防線と逃げ道とバッチリ確保、周囲に「警告」をガッチリ提示するその計算高い豪胆さ。さすが美少年を愛し続けてウン十年の80歳。やっぱり普通じゃないわ、この人は。

 え?褒めてるんですよ。一応。

 しかし、1年半前のKAT-TUN脱退&それ以前の海外逃亡で、散々迷惑かけた挙句、今回の今回のデキ婚&禁断の事後報告だろ。これまでのジャニーズなら即解雇クラスのペナルティ喰らっても文句言えないところだけどな、赤西は。やっぱ、昨日の会見でも垣間見れた、ジャニーさんの日頃の溺愛に甘えて、事態を軽く見てるんだろうなあ。

 とりあえず、ジャニタレの諸先輩陣は苦々しく思っていること間違いなしな今回の騒動。教育係・タッキーも横にジャニーさんがいなけりゃ、もっと本音を口にしていたんだろうと思うんだが…ああ、だから、ジャニーさんは「横にいた」のか。なるほどね。

ジャニー社長が赤西“例外”扱いも…電撃婚に苦言「責任ある態度を」

 歌手・赤西仁(27)と女優の黒木メイサ(23)の結婚発表から一夜明けた10日、赤西が所属するジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(80)が都内で赤西の電撃婚についてコメントした。4月8日に東京・日生劇場で開幕する舞台「滝沢歌舞伎」(~5月6日)の発表を主演の滝沢秀明(29)とともに行ったもの。プライベートでも親交がある滝沢は「男として頑張って欲しい」としたものの、喜多川社長は「責任ある態度を取らないと」とすべてが事後報告だった赤西に苦言を呈す一幕もあった。

 交際報道を双方の事務所が否定してからわずか2週間。赤西の電撃結婚に喜多川社長も驚きを隠せなかった。ニュースで結婚を知ったという社長は、「急もいいとこ。何の話かと驚くばかりですよ」と事後報告に、目を丸くするしかなかった。

 喜多川社長の元に赤西から電話連絡があったのは、報道が出た9日。これまでもアメリカ留学など、意志を貫き奔放に行動していた赤西を支えてきた喜多川社長だが、今回のことには「自分一人でやってきて立派なことだけど、責任ある態度を取らないと」と苦言。さらに妊娠説もある黒木がCMを多く抱える人気女優であることに触れ「彼女も仕事をしている。女性に迷惑かけないようにしないと」と“道”を説いた。

 赤西はすべてが事後報告だったが、ほかのタレントについては「安心している。みんないいキャラクターだし、迷惑をかけちゃいけないといつも言っている」と信頼、今後もタレントに事前報告義務などは課さないそう。「彼(赤西)は独立的だから」と“例外”扱いもチラリ。

 赤西は3月から全米5都市ツアーを予定。喜多川社長は「みんなに好かれるタレントにならないと」と愛あるゲキも。

 一方、滝沢は「本人たちが決めたことだし、おめでたいこと。仕事も今まで以上に励んで男として頑張ってほしい」とエール。主演舞台「滝沢歌舞伎」については「明るくやわらかい作品にしたい」と意気込んだ。なお今回の舞台には関西ジャニーズJr.が初出演する。

(2月11日 デイリースポーツ)

 赤西の処遇についてはジャニーズ事務所の出方待ちですが、大変なのはメイサ側だな。7本CM抱えているのに、スポンサーには1本も事前連絡&承諾無しでデキ婚発表したとあっちゃ、こいつは尾を引くぜえ。どう観たって、稼ぎのいいメイサが赤西を食べさせる構図なのに、これからどうするつもりなんだろうね?>当事者s。

 それにしても、平嶋夏海と米沢瑠美の件と言い、高橋みなみ一家の件と言い、AKB48に逆風吹きまくりのこの時期に、赤西×メイサのネタをこうも効果的なタイミングで押し込んでくるとは、流石は電通。尊敬なんてしてやらんけど、やはりその「実力」は大したもんですわ。

 ここで「【第8回MMD杯本選】 天ノ弱 【MMD-PV】」「【第8回MMD杯本選】水色と宇宙船【初音ミク PV】」「【第8回MMD杯本選】Melody Line【Dance PV】」を紹介。


D


D


D

第8回MMD杯本選の紹介第二弾は、PV系の注目3作品。特にお勧めは作者氏の演出センスが光る「水色と宇宙船」。あと、番外推しとして「アレ(笑)にはすっかり騙された」こちらもご紹介。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です