韓国通信・ネットワークインフラに北朝鮮?からの大規模なハッカー攻撃 ~ 侵攻前に敵国へ通信妨害をかけ、その復旧経路の確認をすることは近代戦のセオリー。

 物理的な戦力移動が目に見えていないだけで、もはや開戦前夜と言っても過言じゃないな>朝鮮半島。

韓国の放送局・銀行にハッカー攻撃、軍は警戒レベル高める

 [ソウル 20日 ロイター] 韓国で20日、主要放送局や大手銀行のサーバーがハッカー攻撃を受け、当局が調査に着手した。北朝鮮の関与も懸念されており、軍は警戒レベルを引き上げた。

 警察や政府当局者によると、ハッカー攻撃により影響を受けたのはYTN、MBC、KBSの3放送局と新韓銀行<SHINBC.UL>および農業銀行<NAGRIB.UL>のサーバー。少なくとも一部のコンピューターでファイルが削除されたという。

 警察関係者は「影響を受けた全ての現場にチームを派遣し、状況を調べている。かなり大規模な事件で、証拠収集には数日かかる」と述べた。

 攻撃を受けた銀行2行は業務を復旧しているが、放送局は一部従業員がコンピューターを起動できないなど、システム回復のめどは立っていないとしている。放送に影響は出なかった。

 韓国軍は攻撃を受けていないとしたが、防護態勢を高める措置を取った。製油所や発電所、港湾、空港などは影響を受けていない。

 警察と政府当局者は北朝鮮の関与について憶測を控えた。

 北朝鮮は過去に韓国の保守系新聞社や銀行、政府機関を標的としたことがあり、2011年には10日間にわたるサービス妨害攻撃を仕掛けた。

(3月20日 ロイター)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です