補助金くらいでなんとかなる離島問題じゃないだろな件について

 そもそも、企画から運営に至るまで、プロジェクトを動かせる人間が現地にいないんだから。で、そういうのをできそうな人間を外部から呼んだら、大半食い物にされて終わるんだから。

 ぶっちゃけ、ほっといて現状維持~緩やかな衰退を甘受させるか、高齢者など保護が必要な人を新設のコンパクトシティに強制移住、地元には自衛隊や海上保安庁などの警備部隊や、彼らを相手にした最低限の商業施設を置くかくらいしかないんじゃね?。高齢者にとって無理矢理な生活環境変化は相当ストレスらしいから、あんまりおススメしないけど。

産業、観光振興に半額補助=離島市町村を活性化―国交省

 国土交通省は1日、2013年度の改正離島振興法の施行に伴い、離島の活性化に向けたソフト事業に取り組む市町村への支援制度を創設する方針を固めた。人口、雇用、観光客数に関する目標や実現方策を示す計画を定め、産業や観光の振興などに力を入れる市町村が対象で、事業費の半額を補助する。13年度予算概算要求に数億円を盛り込む。

 離島は、人口減少や少子高齢化が急速に進み、都市部など他の地域より厳しい環境に置かれている。このため同法は、国が積極的に振興策を講ずる責務を明記。公共事業重視の方針を改め、医療、教育、産業、観光の振興といったソフト事業に幅広く使える離島活性化交付金の創設を盛り込んだ。

 これを受け国交省は13年度から、定住や雇用の促進、観光客の増加と防災対策強化に取り組む離島の市町村を対象に、交付金を使った支援制度を始める。 

(9月1日 産経新聞)

 まあ、アニメやゲームや18禁漫画ネタなら、いくらでも新興ネタは挙げられるけど、流石にリアルワールドにそれを持ち込むのは…三重の渡鹿野島みたいになっても悲惨だしなあ。あと、自宅警備員から離島警備隊員へのクラスチェンジを希望する人を、ミリヲタを中心に放り込むとかはどうだ?。それなりに有事は役立つかもよ。反撃戦力と言うより「壁」的に。地元社会の振興に役立つかどうかは、全く分からんけど。んー。手詰まりだねえ。

 ここで「【音MAD】般若心経じょしらく【ニッポン笑顔百景】」を紹介。


D

ありがたや、ありがたや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です