美延映夫大阪市議会議長@維新、不信任可決を受けて12月に辞任へ ~ 「外堀は埋まった」

 本丸を陥とす前に、偉い人に脅しを入れて、外堀を埋めて、適当なところでトドメを刺すのは、4世紀前から続く「大坂」の伝統。

維新議長、12月辞任へ=不信任可決受け―大阪市議会

 日本維新の会傘下の地域政党「大阪維新の会」(代表・橋下徹大阪市長)の美延映夫大阪市議会議長に対する不信任決議が自民、公明両党と民主党系会派の賛成多数で可決された問題で、美延氏と自公民の市議団は23日、今議会が閉会する翌日の12月14日付で美延氏が議長を辞任することで合意した。

 美延氏は当初辞任を否定し、早期辞任を求める自公民と対立していたが、それぞれが譲歩する形で折り合った。ただ、9月の堺市長選で維新候補が敗れたのに続き、お膝元で維新所属の議長が辞任に追い込まれたことは、党勢回復を目指す橋下氏にとって痛手となりそうだ。

 橋下氏は23日、市役所内で記者団に「議会が美延氏の意思に基づき決めたことだ」と述べるにとどめた。 

(10月23日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です