【投開票の結果】香港「愛国統治」初の選挙【選挙委員数は民主派0人、親中派1447人】

民主派を徹底的に弾圧し、投票有権者を親中派に絞り切った上で投票率90%越えの結果だから、当たり前と言えば当たり前だが


「ええのんか?これで」
「すこぶる疑問だよね」

一応、一国二制度を維持しながらの惨状だから猶の事腹が立つ。台湾だけは護ってやらんとなあ。

当選、民主派0人vs.親中派1447人 香港「愛国統治」初の選挙

 香港で19日に行われた政府トップの行政長官らを選ぶ権限のある選挙委員(定数1500人、欠員52)のうち364枠の選挙について、選挙管理委員会は20日、当選者を発表した。立候補段階から民主派候補を徹底的に排除した選挙の結果、民主派はゼロ、中間派1、残る1447はすべて親中派となった。

 今回は、中国政府の「愛国者による香港統治」の方針のもと、実質的に民主派を排除する新しい制度のもとで開かれた初の選挙。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は19日、「選挙の意義は大きく、愛国者が香港を統治するとの政治体制を象徴している」との声明を発表した。林鄭氏は選挙前日、中国政府で香港を統括する韓正副首相と会談し、「愛国者統治」を貫くよう指示を受けていた。

(2021/9/20 朝日新聞)

ここで「踊りましょ!輝夜のお屋敷で【東方手書き劇場】」を紹介。

みんなで仲良く。ダンスも。政治も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。