米国防総省、沖縄普天間基地の前倒し閉鎖を示唆な件について

 これは良い「日本国への」援護射撃。「普天間の負担を早期に減らせるのに、名護市は協力しないのか?」と問われれば、同市で活動している反体制派連中も、気勢を上げ辛かろう。

 昨日、「(身中に潜り込んだ敵は)外から切り取るより、中から追い出させる方が良策。さて、どう煽るべきか」と書いたが、今日のコレで、稲嶺進の支持母体をまた少し細らせることに成功したか…な?(笑)。

 名護市市長選まで、あと3週間。どこまで移転反対派を削れるか。東京都知事選より、よほど見応えのある選挙戦が幕を開きつつある。それだけは間違い無い。

<米国防総省>普天間閉鎖前倒しも…代替施設の整備次第で

 【ワシントン西田進一郎】米国防総省高官は27日、電話で記者会見し、沖縄県の仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事が米軍普天間飛行場(宜野湾市)の5年以内の運用停止を求めていることについて「日本政府が代替施設の建設を早めることができ、完全に運用できるようになれば、我々は喜んで移動し、そこでの運用を始める」と述べ、施設の整備次第で閉鎖の前倒しも可能との考えを示した。

 日米両政府は代替施設への移設完了までの期間を9年半と想定し、今年4月の日米合意で普天間飛行場の返還時期は「2022年度またはその後」としている。安倍晋三首相は5年以内の運用停止を求める仲井真知事に対し、返還時期の前倒しを検討する方針を伝えている。

(12月28日 毎日新聞)

 とりあえず、沖縄の公明党と創価連中は、さっさと末松文信推薦を表明しろ。候補一本化の効果に、冷や水ぶっかけ続けるなんてことせずにさ。ヤドリギ風情が、一人前に態度保留なんて上等なことをしてるんじゃねえよ。

f:id:kagura-may:20131228204105j:image

 いつまでも、与党にくっ付いて偉そうな顔をしてられると思っているなら、大間違いだ。尻尾は振れる時に振らなきゃ無意味だってこと位、分かるだろ?。イヌなんだから。なぁ?。

 ここで「【艦これ替え歌】重巡アワー【ミュージック・アワー】」を紹介。


D

歌詞GJ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です