沖縄県・名護市長選は現職の稲嶺進が勝利

 昨年末の辺野古移転決定の勢いをなあ、年初から公示日前に掛けて何であそこまで萎ませるかね。前にも書いたが、末松と地元公明党の連中は関係者にお詫び状を送りまくれよな。一人の漏れもなく。

 ゲルもそうだ。末松のケツを蹴り上げろとは言ったが、誰が地元有権者を札ビラで引っ叩けと言ったよ。それも、投票日直前に。おまいさんは、何年、選挙で飯くってんだと。

 あー。勿体無い。つか、また無駄に時間と手間だけが浪費される展開か。

<名護市長選>稲嶺氏が再選確実 普天間移設反対

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設の是非を最大争点とした同県名護市長選が19日投開票され、日米両政府が進める名護市辺野古への移設に反対する現職の稲嶺進氏(68)が、移設推進を訴えた前自民党県議の末松文信氏(65)を破り、再選を確実にした。

 政府は計画通り辺野古に普天間の代替施設を建設する方針だが、地元首長の反対を押し切って着手すれば大きな反発を招くのは必至で、普天間移設の行方は混迷しそうだ。

(1月19日 毎日新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です