新党きづな一派の民主党離党により「数合わせ」の役目を喪失した時点で、与党内における国民新党の存在なんてすこぶるどうでもいいものになっていた

 ぶっちゃけ、民主党と「綺麗に」縁を切るタイミングを見計らっていただけだろ。「居場所を無くした」しずかちゃんは。

 でも残念でした。本音が見え見え過ぎて、有権者からは笑いしかとれねえよ。

亀井氏、連立離脱を決断=国民新内には異論―消費税法案、30日に閣議決定

 国民新党の亀井静香代表は29日、野田佳彦首相が目指す消費増税は国民との約束違反として、民主党との連立政権から離脱する方針を固めた。亀井氏は同日夜、首相公邸で首相と会談し、こうした意向を伝えたとみられる。ただ、国民新党内には連立維持を求める声があり、同党の分裂に発展する可能性もある。

 一方、政府は30日、現在5%の税率を2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げる消費増税関連法案を閣議決定する。しかし、民主党内に小沢一郎元代表ら反対派を抱える中、亀井氏が連立離脱を決めたことで、首相の政権運営はさらに厳しさを増すことになる。

 衆参両院で8人の国民新党は29日夜、公務で欠席した松下忠洋復興副大臣を除く7人が党本部に集まり、対応を協議した。自見庄三郎金融・郵政改革担当相や下地幹郎幹事長らは「郵政改革法案がまだ成立しておらず、与党にとどまるべきだ」という立場だったが、亀井氏が押し切った。

 ただ、党内には異論が残っており、森田高総務政務官は記者団に「これで(党が)まとまるのは難しい」と述べた。 

(3月29日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です