大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」第7話「母の再婚」感想~ 「そなたが動くとろくなことがない」

 まったくでございます、Mom。

 「江」は大河と思わず、ファンタジーとして観るべきとは言うたもの。まさか清州会議で上野樹里・江9歳が「家政婦は見た!」をするとはなあ。挙句に乱入までやらかすとはなあ。つまり、脚本の田渕久美子女史が言いたいのは、こういうことか?

f:id:kagura-may:20110220220313j:image(田渕●美子・51)

「私は気の向くまま大物武将達♂に、新たなる説教を!説教を!説教を!説教を!説教を!…説教を与えてやった」

「そう、江はフェミ神に至る道だったのだ」

「戦国の歴史は江の絶えざる干渉によって造られたのだ。分かったか!」

 で、秀吉@岸谷五朗氏が必要以上にロクデナシに描かれているのは、「単に脚本家の趣味に沿わない女好きに過ぎない」からなんだろうと確信。うーん、逆に凄いわ。この開き直りっぷり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です