中国・チベット自治区の金鉱で大規模な落盤事故。83人が生き埋めに ~ 事故の規模もさることながら、83人中2人しかチベット人がいない点にチベット自治区の実情を想像し、戦慄した。

 より詳細な続報を望む。特に金鉱全体の利権構造の実態と、自治区「住民」の反応について。

チベット自治区で大規模山崩れ、83人生き埋め

 【広州=吉田健一】中国の華僑向け通信社・中国新聞社(電子版)によると、中国チベット自治区ラサ市郊外の金鉱山で29日早朝、大規模な山崩れが起き、作業員83人が生き埋めとなった。

 アフリカ歴訪中の習近平国家主席は救出活動に全力を挙げるよう指示した。

 報道によれば、山の一部が約3キロ・メートルにわたって崩れ落ちた。当局は消防、医療関係者ら約1000人を現地に派遣。重機など約200台も投入して救出活動にあたっている。83人のうち2人はチベット族、残りは貴州省や四川省などからの出稼ぎの漢族という。

 現場は海抜約4600メートルの山岳地帯。

(3月30日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です