【イラン軍のハネッカエリ連中の暴走か】ホルムズ海峡で日本関係の石油タンカー2隻が攻撃される【そういう濡れ衣を彼らに着せたい誰かの工作か】

日本の安倍晋三首相がイランを訪問し、米国との緊張関係の緩和を呼び掛けるのと同時に、日本関係の船舶が中東で攻撃を受けるとはねぇ。

「陰謀論と混沌が大好きな阿呆を煽るには丁度いい餌ね」

タンカー2隻に攻撃=日本関係の貨物、魚雷情報も-ホルムズ海峡

 【カイロ時事】中東の原油輸送の大動脈であるホルムズ海峡近くで13日、石油タンカー2隻が攻撃を受けた。
 報道によると、魚雷による攻撃との情報もあり、船体が大きく損傷したという。バーレーンに司令部を置く米海軍第5艦隊は声明で、「攻撃の情報は承知している。救難信号を2度受信し、海軍艦艇が現場海域で救援活動を行っている」と明らかにした。
 日本の経済産業省は、ホルムズ海峡付近で日本関係の貨物を積んだ船2隻が攻撃を受けたと発表した。日本人の乗組員はいないという。
 国土交通省は、日本の海運会社、国華産業(東京都千代田区)が運航するケミカルタンカー「KOKUKA Courageous」(パナマ国籍)が被弾したとの情報があったと発表した。
 報道によると、攻撃を受けたタンカー2隻の乗組員は計44人。うち1隻の1人が軽傷を負った。イランのメディアは、乗組員は近くを航行したイラン船舶に救助され、イラン南部ホルムズガン州の港に搬送されたと報じた。
 現場近くでは、5月にアラブ首長国連邦(UAE)東部フジャイラ沖でサウジの石油タンカーなど4隻が「妨害攻撃」を受けた。サウジやUAE、ノルウェーの予備調査では「国家による攻撃の可能性」を指摘。ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は「イランの機雷が使われたのはほぼ間違いない」と述べ、イランの関与を批判していた。

(2019/6/13 時事通信)

ここで「ゴジラ7体で『U.S.A.』」を紹介。

かーもんべいべーあめりか(棒)

ところで、安倍首相は一連のこの茶番に関して「正真正銘ハメられた側」なのかしら。「消極的に目を逸らしていた側」なのかしら。それとも「積極的に関与した側」なのかしら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です