マルハニチロの農薬テロ容疑者、逮捕へ

マルハニチロの冷凍食品への農薬混入は、十中八九「テロ」(2013/12/29)

 えらいぞ群馬県警。百万回なでなで。

f:id:kagura-may:20131201134057j:image

 ほぼ犯人と特定されてから逃げるという、鈍臭い粗忽さから見るに、容疑者は大した人物じゃないな。だが、とりあえず、犯行の動機はちゃんと調べて、政治的に使えるモノはキッチリ使わせてもらおうか。じゃなきゃ、色々と割りがあわん。

農薬混入、契約社員の男逮捕へ…服にマラチオン

 食品大手「マルハニチロホールディングス」の子会社「アクリフーズ」群馬工場(群馬県大泉町)で製造された冷凍食品に農薬マラチオンが混入されていた事件で、群馬県警は25日、同工場契約社員の40歳代後半の男について、偽計業務妨害容疑で逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者によると、男が工場で着ていた衣服からマラチオンが検出されたという。男は今月14日から行方が分からなくなっていたが、24日に埼玉県内でみつかった。

 県警はこれまで、商品に印字されている2時間単位の製造時間帯を手がかりに、マラチオンが検出された冷凍食品9点の製造に関わった従業員数十人を特定。さらに、〈1〉マラチオンは加熱すると分解する性質がある〈2〉検出された商品に異臭が残っていた。このため、県警では、食品を加熱処理する加工工程ではなく、包装の直前で混入された可能性が高いとみて、複数の従業員に絞り込み、男を特定した。

(1月25日 読売新聞)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です