フィギュアスケートGPファイナル女子シングル ~ 浅田真央選手の3度目のGP優勝に拍手。2度転倒しても心折れず3位に食い込んだ鈴木明子選手には更に拍手

 松岡修造もさ、「真央ちゃん!真央ちゃん!」ばかり叫ばずに、鈴木さんのことも讃えてやれよ。年上の余裕で真央ちゃんを祝福する鈴木さんを見習ってさ。

真央圧勝!GPファイナル3度目制覇 鈴木は3位

 ソチ冬季五輪のテスト大会を兼ねたフィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは8日、女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)1位だった浅田真央(22=中京大)がシーズンベストの129・84点をマーク。合計196・80点で05年、08年に続き3度目のGPファイナル制覇を達成した。

 SP3位だった鈴木明子(27=邦和スポーツランド)は3回転ジャンプで2度転倒し、115・77点にとどまって合計180・77点の3位。昨年の2位より順位を落としたが、表彰台は死守した。2位にはSP2位のワグナー(米国)が合計181・93点で入った。

(12月8日 スポニチアネックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です