ジーンズのエドウイン、事業再生ADRを申請 ~ そして、去年の巨額損失発覚&責任者「自殺」事件の真相は闇の中

 「死人に口無し」という例えが、これほどピッタリ嵌まる事例も珍しい。

事業再生ADRを申請=ジーンズ最大手のエドウイン

 ジーンズ国内最大手のエドウイン(東京)のグループ17社が、国が認定した第三者機関にADR(裁判外紛争解決手続き)を申請したことが27日、分かった。銀行団と債務返済策などを協議してきたが、銀行側は昨年に発覚した巨額の証券投資損失の解明が不十分だとし、協議は難航。第三者の調整の下で私的整理を進めることになった。代理人によると申請は26日。 

(11月27日 時事通信)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です