オシムジャパン発表 我那覇、闘莉王ら初の代表入り=サッカー日本代表

 日本サッカー協会は4日、オシム監督就任後初の試合となる「KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006」トリニダード・トバゴ戦(9日、国立競技場)に臨む日本代表メンバー13名を発表した。ワールドカップ・ドイツ大会のメンバーからは川口、三都主ら4名のみが引き続き選ばれ、我那覇、小林大、闘莉王ら新戦力が入った。

「A3 チャンピオンズカップ2006」に参加しているガンバ大阪とジェフ千葉、海外組からは招集されていない。会見でオシム監督は「クラブ(鹿島の上海遠征など)やA3と日程がバッティングしてしまった。今後はこういうことのないように願います。誰が追加招集されるか、監督になったつもりで楽しみに待っていてください」とコメント。今回の会見では13名のみを発表したが、今後さらに増員する可能性があることを示唆した。また16日のイエメン戦(アジアカップ最終予選)では、「この13名を全員残したまま、20名前後のメンバーで戦いたい」とも述べている。

 メンバーは以下の通り。

GK:

川口能活(磐田)

山岸範宏(浦和)

DF:

三都主アレサンドロ(浦和)

坪井慶介(浦和)

田中マルクス闘莉王(浦和)

駒野友一(広島)

MF:

田中隼磨(横浜FM)

今野泰幸(FC東京)

長谷部誠(浦和)

小林大悟(大宮)

FW:

我那覇和樹(川崎)

佐藤寿人(広島)

田中達也(浦和)

(2006年8月4日(金) スポーツナビ)

 うーん…地味(^^;。とりあえず今後のベースとなるであろう3-5-2の布陣スタメンを手堅く決めておいて、あとはジェフ、ガンバ、アントラーズとW杯出場のベテラン組から(スーパー)サブとして何人か招集ってとこだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です