ウィキリークス支持者じゃなくても怪しく思う告発騒動な件について

 

 実際にジュリアン・アサンジ氏がレイプやらかしたのかどうかは分からないけど、「ウィキリークス」で不利益を被っていた連中にとっては、何とも都合の良いというか都合の良過ぎるタイミングでの指名手配。陰謀論者じゃなくても「司法以外の別の力学や情報工作が働いているんじゃないの?」と勘ぐっちゃいます。

告発サイト「ウィキリークス」創設者を告発 スウェーデン検察当局

 【ロンドン=木村正人】アフガニスタンで活動する米軍の機密情報を暴露した民間告発ウェブサイト「ウィキリークス」創設者でオーストラリア人のジュリアン・アサーンジ氏(39)が20日、スウェーデン検察当局によってレイプなどの罪で告発された。米軍からも追われている同氏は簡易ブログ、ツイッターを通じて「告発活動を妨害するための卑劣な策略だ」と反論している。

 スウェーデンのタブロイド紙(電子版)によれば、同氏は講演などのためストックホルムを訪れた14~15日、若い女性に暴行を働き、別の女性にもいたずらしようとしていたとして告発された。検察当局は各メディアに対し起訴された人物名には触れなかったが、報道内容を大筋で認めた。

 同氏は先月、米紙ニューヨーク・タイムズなどと協力し、アフガン駐留米軍の機密文書9万点を公表。今月12日、インターネットを通じてロンドンでの討論会に参加し、さらに1万5千点を公表すると公言した。

 米国防総省や人権団体から「アフガンの協力者らの命が危険にさらされる」との警告を受けたが、「文書公表後、誰も亡くなっていない」など語っていた。同氏は現在アイスランドなどに活動拠点を移している。

(8月21日 産経新聞)

 誰とは言わないけど、日本の政治家の中には、中国のハニートラップに引っかかって、キンタマ経由で脳味噌と舌を握られている連中がゴロゴロしてますしね。今回の「レイプ」容疑もその類だったりして。まあ、とりあえずは、組織体としての「ウィキリークス」と米軍の出方を見ることにしましょうか。創設者殿が簡単に切り捨てられて、続いて「ウィキリークス」が骨抜きになるようだったら、ビンゴでしょうね。

 ここで「【第5回MMD杯本選】何かおかしいらき☆すた祭 」を紹介。


D

愛だなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です