アッバスがエジプト大統領の名前を間違える気持ちは分かる件について

 「エジプト=ムバラク」は、一般常識並みに刷り込まれているからなあ。中東の人間には。日本みたいにコロコロと首相が替わるほうが、他国からすれば、いや自国民にとっても迷惑な話なわけで。

パレスチナ議長、危うくエジプト大統領の名前言い間違え

 [カイロ 6日 ロイター] エジプトを訪れているパレスチナ自治政府のアッバス議長が6日、モルシ大統領の名前を間違えて、危うくムハンマド・ホスニ・ムバラク前大統領の名を口にしてしまいそうな場面がテレビで放送された。

 エジプトの首都カイロでは、イスラム諸国の指導者らによるサミットが開かれており、問題の場面は同サミットでアッバス議長が演説している時に起きた。「ご挨拶できて光栄です、ムハンマド・ホス…」まで言った後、「ムハンマド・モルシ大統領」と言い直し、外交的な失態をさらす手前でとどまった。

 またアッバス議長はその後、モロッコの国王に対して謝辞を述べる際、国王を「(既に亡くなっている)ムハンマド5世」とし、同国の首相から、現在の国王は6世であると誤りを指摘される場面もあった。

(2月7日 ロイター)

 もっとも、現状に限っては、モルシ大統領が日本の安倍総理よりも「現職」に在り続ける保障はないけどね。

 ここで「二人はかぐもこ!06」を紹介。


D

冬場に観るちっぱいビキニに新しい趣を感じるであろー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です