「鳩山は 忘れた頃に ルピりだす」な件について

 出ないと言ったり、出ると言ったり、でもって、今度はまた出ないと言ったり。この人が、公示日までにもう一回発言を翻しても、神楽は全然驚かない。

 とりあえず、今度の総選挙不出馬の理由を、「落選を恐れたため」とか「選挙公約と公認の取り扱いを巡って党執行部と意見対立したため」とか「民主党創設者としての歪なプライドのため」とか、第三者が色々推測しても無駄なんだよね。この人の場合。知識はある一方で思想に背骨が通ってないから、主張に軸が無く、発言がコロコロ変わる。

 多分、本人にも自分の本音は分かってないよ。今回の不出馬についてもそう。今更ながら、「勉強ができる馬鹿」の典型というか、社会人として結構コマッタさんのタイプだよなあ。ポッポって。

<鳩山元首相>衆院選に出馬せず…後援会幹部に意向

 民主党の鳩山由紀夫元首相(65)=衆院北海道9区=は20日、衆院選(12月4日公示、16日投開票)に同党公認で立候補することを断念した。地元の後援会幹部に電話で「もう出ない」と伝えた。民主党北海道によると、鳩山氏は21日に野田佳彦首相に不出馬を伝えたい意向で、同日夕、北海道内で記者会見し正式表明するという。無所属や他党からの立候補もせず、政界を引退するのかどうかは明らかにしていない。

 鳩山氏は消費増税法に反対して党員資格停止の処分を受けたほか、野田首相の進める環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉への参加にも反対を明言している。17日には衆院選出馬に意欲を示す一方で「自分の信念を曲げるつもりはない」とも強調。民主党執行部は消費増税やTPP推進に反対する候補者は公認しない方針で、鳩山氏の対応が注目されていた。

 鳩山氏は09年9月に誕生した民主党政権の初代首相に就任したが、10年6月に退陣。いったんは次の衆院選での政界引退も表明したが、その後、撤回した。【斎藤誠、竹島一登】

(11月20日 毎日新聞)

 さて、北海道第9区がこうなると、次のターゲットは、東京都第18区の菅直人だな。見せてもらおうか。武蔵野市・小金井市・府中市有権者の民度とやらを!。ところで、ここの自民党候補はまた土屋正忠なのかね?。思想的には◎なんだが、歳が歳だしなあ。どうなってんだっけ?後で調べよ。

 ここで「スマプリ神回をスピードワゴンが解説!」を紹介。


D

ラストやられたわー(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です