「野沢那智氏逝去 – 洋画吹替界の巨星墜つ」な件について

 昨日の首藤剛志氏に続いての訃報。これからのブルース・ウィリスやアル・パチーノの吹替えは誰が…いや、アラン・ドロンも含めて野沢氏以外の声なんて考えられないよ…。あれだけ演技に厳しくて思いやりの深い「先輩!」声優さんは、もう出てこないだろうなあ。合掌…。

アラン・ドロンさん吹き替え、野沢那智さん死去

 アラン・ドロンの声の吹き替えなどで知られた、俳優で声優の野沢那智(のざわ・なち、本名・やすとも)さんが、30日午後3時36分、肺がんのため亡くなった。72歳だった。告別式は近親者で行い、後日、お別れの会を開く。喪主は長男、聡(そう)さん。

 東京都出身。1962年、劇団薔薇座を結成。演出家として、芸術祭賞を受賞した「スイート・チャリティー」など多くの舞台を手掛けた。

 60年代から、テレビのアニメや洋画の吹き替えで活躍。アラン・ドロンのほか、ブルース・ウィリス、アル・パチーノら、二枚目から個性派まで幅広い役柄の吹き替えをこなした。アニメでは、「新エースをねらえ!」「スペースコブラ」などに出演した。

(10月30日 読売新聞)

 少し変化球かも知れませんが、野沢氏の吹替えで一番好きなのは「刑事ナッシュ・ブリッジス」でドン・ジョンソンが演じていたナッシュ。野沢氏の軽快な口調もさることながら、ジョー@CV青野武氏との掛け合いが楽しくてね…(TT)。青野氏も…だし、もう聞けないのか。あの掛け合いは。

 ここで「パイプを這いずりすぐ愚痴る~狂気のマクレーン刑事 」を紹介。


D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です