「自死」と言い換えても「自殺」は「自殺」な件について

 何かに追い詰められての「自殺」と、何かの責任を取っての「自裁」「自決」は違うだろ?という議論には乗ってもいいけど、遺族感情を考慮して「自殺」を「自死」と言い換えるのは、例えば、「非管理売春」を「援助交際」と言い換えることで得る「後ろ向きな当事者メリット」以上の価値を見出せないから、無理。

 少なくとも、自殺で一人身内を失っている神楽にとって、この用語の置き換えには何の価値も感じられない。ぶっちゃけ不快だ。

「自殺」改め「自死」…島根県文書、遺族に配慮

 島根県は自殺対策総合計画の名称を「自死対策総合計画」に改め、4月から市町村への文書でも「自死」という語句を使うことを決めた。

 自殺という言葉のイメージを嫌う遺族が多いため。内閣府などによると、行政文書で「自殺」を「自死」に統一する自治体は全国で初めてという。

 計画は県の自殺防止策の基本方針を示し、2012年度末が改定の時期。遺族から「自殺の言葉には自分を殺した人というイメージがあり、死者の尊厳も守れない」との声が寄せられ、表現を改めることにした。

 パンフレットや通知文、県の資料などで「自死」と記載。県は「新しい表現で遺族への偏見をなくし、自死予防を進めたい」としている。

 全国自死遺族連絡会(仙台市)の田中幸子代表(64)は「画期的だ。各地の遺族団体が要望しており、大きな一歩。他の自治体にも広がってほしい」と話した。

(3月30日 読売新聞)

 人は必ず死ぬんだよ。寿命か、病か、自分も含めた誰かの手によってか。そして最後の死は例外なく「殺」なんだよ。遺族は事実から目をそらしたり、他人の目を気にしたりすんな。その後一生「クセ」になるぞ。その生き方は。

 ここで「東方銀河英雄伝説 第1話「銀英祭概略」」を紹介。


D

こんな不快な記事を読んだ午後は、こういう「祭り」を見て気分を転換しよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です