「嵌められた」と見るか「やっぱりな」と見るかな件について

 一般人が普通に考えれば、「来年の仏大統領選の対抗馬≒サルコジ大統領派に嵌められたんじゃね?」となるお話ですが、このおっちゃんの場合、3年前にも同じような下半身トラブル起こしてるからなあ…当時は、結末も含めてあんまり報道されなかったけどね。

 本人の私生活や性癖を知れば知るほど、「陰謀じゃねーの?」よりも「やっぱりな」ないし「やっぱりか?」と思ってしまうのは、ミラーマンこと植草一秀氏の痴漢騒動の時と同じ。とりあえず、続報待ちですかね。

IMF専務理事、NYで逮捕 ホテル客室係に性的暴行の疑い

 ニューヨーク(CNN) 国際通貨基金(IMF)のドミニク・ストロスカーン専務理事が14日、ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で逮捕された。同市内のホテルで客室係の女性(32)に性的暴行をした疑い。地元警察幹部がCNNに語った。

 同幹部によると、ストロスカーン専務理事は同日午後1時ごろ、滞在していたニューヨークの繁華街タイムズスクエアのホテルで、清掃のため入室した女性の前に裸で現れ、襲い掛かったとされる。女性は逃げ出してフロント係に訴えたが、通報を受けたニューヨーク市警が駆けつけた時点で、同専務理事はすでにホテルを出ていた。携帯電話を忘れていったという。

 当局の調べで空港からパリ行きのエールフランス便で出発しようとしていることが分かり、同市警が港湾当局に連絡して離陸を遅らせた。機内にいた同専務理事は身柄を拘束され、取り調べのためマンハッタンの警察署へ移送された。

 被害者の女性は軽傷を負い、病院で手当てを受けた。

 ストロスカーン専務理事はフランスで経済学の大学教授や国会議員を歴任し、2007年11月から現職。最近では中東・北アフリカの反政府運動への対応やアイルランドなどへの金融支援、IMF自体の構造改革などで手腕を評価されていた。

(5月14日 CNN.co.jp)

 大統領選と言えば、来年の米大統領選に米共和党の大物、マイク・ハッカビー前アーカンソー州知事が出馬しないそうな。この人もたいがいガイキチなところがあるおっちゃんだけど、この人が出ないとなると、共和党の候補者指名競争は一気にカオスな展開だな。間違っても、カオスの間隙を突いてペイリン前アラスカ州知事が復活なんてオチは避けて欲しいところ。にしても、何で不出馬を決めたんだろう?。ストロスカーンのおっちゃんのようなスキャンダルが、バレそうにでもなったのかしらん。

 ここで「【MAD】帰ってきたキュアムーンライト」を紹介。


D

これは色々と懐かしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です