【キリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)】緑の党、社会民主党(SPD)や自由民主党(FDP)との連立交渉を進める方針 ~ ドイツ【遂に政権与党から脱落か】

【迷走の】ドイツ連邦議会選挙、社会民主党(SPD)とキリスト教民主・社会同盟(CDU/CSU)が拮抗。連立政権交渉は混乱必至【左派ウェイ】

この8年間のドイツ政界の変化を見ていると、中道右派の弱体化が順調に進んでいったことが分かる。これはメルケルにとって誤算だったのか。それとも計算通りだったのか。

メルケルの真意はともかく、今後のドイツは中道右派に替わり、左派が主導権を握ることになる。


「反動が怖いな」

中国からのちょっかいも気になる。せめて穏やかな連立がなりますように。

ドイツ緑の党、SPD主導の3党連立で予備交渉へ-CDUを選ばず

ドイツの緑の党は、社会民主党(SPD)のショルツ財務相を次期首相とする連立交渉を進める意向だ。緑の党にはやはり組閣を模索するキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)からも働き掛けがあったが、SPDを選ぶ姿勢を鮮明にした。

  緑の党はSPD、自由民主党(FDP)との3党連立に向けた予備交渉を開始する計画だ。同党の共同代表であるベーアボック、ハベック両氏は5日にCDU・CSUの代表者らと会談したが、その場で政策面の大きな相違を強調していた。

  ベーアボック氏は6日、「FDP、SPDとより本格的な協議を続けていくことが理にかなう。最近の交渉で共通点を見いだすことができた」とベルリンで語った。

(2021/10/6 ブルームバーグ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。