「カード情報はどこから流れた?」通販サイト窃盗事件な件について

 いずれ配送先から足がつく「切られるためのしっぽ」転売役を百人捕まえたところで無意味。以前、あるゴルフ場が組織ぐるみで顧客のカード情報を盗んだ事件があったけど、今回もその手の「根がどこぞのアレな組織に繋がっている話」じゃあるまいな?

他人名義のカードでネット通販利用 容疑の男逮捕 計1億円被害か

 大手家電量販店のインターネットの通販サイトで、他人名義のクレジットカードを使って買い物をしたとして、警視庁サイバー犯罪対策課は、私電磁的記録不正作出・同供用と窃盗の疑いで、福岡市博多区空港前、無職、後藤吏岐(さとき)容疑者(48)を逮捕した。

 同課によると、別の人物が大手家電量販店「コジマ」などのネット通販サイトで他人名義のカード情報を入力してパソコンなど家電を発注。後藤容疑者は商品を受け取り、転売する役割だったとみられる。後藤容疑者は「盗品とは知らなかった」などと供述しているという。

 同課は、平成21年9月~今年4月に全国190人分のカード情報が悪用され、家電660点(約1億円相当)の被害があったとみて、注文した人物の行方を追っている。後藤容疑者は報酬として、約550万円を得ていたという。

 逮捕容疑は、昨年4~5月、コジマのサイトで山梨県に住む50代男性のカード番号などを入力し、ノートパソコン(約8万3000円相当)を購入、郵送させて受け取ったとしている。

(6月12日 産経新聞)

 しかし、ホンボシとっ捕まえてみたところで、詐欺師は殺人犯と違ってすぐにシャバにでて、同じ事件をやらかすからなあ。効果が薄いというか何というか。この手の知能犯を社会から隔離する方法は無いもんだろうか?

 ここで「【日常MAD】ちゃんみお曰く燃やせ命」を紹介。


D

命を燃やせーっ!(キリッ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です