【戦略上の疑似撤退か】ロシア、ウクライナ国境付近の「演習」終了【外交上の手打ちの前振りか】

それとも、「今年の冬将軍とまともに喧嘩するわけにはいかない」か。いずれにしても、


「兵は詭道なり」

油断も安心もまだ早い。「そこ」にウクライナが在る限り。

ロシア、ウクライナ国境付近の演習終了(2021/12/26 AFP-BB)

【12月26日 AFP】ロシア国防省は25日、ウクライナ国境付近で1万人超の部隊が1か月間にわたり行っていた軍事演習が終了したと発表した。

国防省によると、南部軍管区の部隊はロストフ(Rostov)州、クラスノダール(Krasnodar)地方、2014年に旧ソ連構成国のウクライナからロシアが併合したクリミア(Crimea)共和国などの南部地域で演習を行っていた。

演習に参加していた部隊は撤収を開始し、待機部隊が年始休暇中の対応を担うという。

西側諸国は、ロシアが冬の間にウクライナへの侵攻を計画しているとして、国境付近に10万人規模の軍部隊を集結させたことを非難してきた。ウクライナ政府の推計によると、ロシアが国境付近に配備した部隊は10月時点の約9万3000人から、現在は10万4000人に増加している。

米高官によれば、米国はロシアと二国間でも「複数のチャンネル」を介しても「早ければ来年1月初めにも外交交渉を行う用意がある」。また、ドイツ政府関係者は25日、ロシアと「1月初め」に会談を開くことで合意したと明らかにした。

ウクライナ治安当局の幹部は24日、ロシアによる差し迫った侵攻の脅威はないとAFPに語った。(c)AFP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。