【実家・東芝伯爵家の生殺与奪の権を握るか】東芝、インフラ・半導体・その他事業3社への分割検討【キオクシア子爵夫人メモリ】

【愛する母と身も心も一つになるか】「IPO目前」キオクシアと米Western Digitalが合併交渉中との報道【敢えて独り修羅の道を歩み続けるか】(2021/8/26)

運命の荒波に揉まれ続けたキオクシア子爵夫人・メモリこと、東芝伯爵家の元令嬢・メモリお嬢様。彼女が選ぶのは、愛する母・Western Digitalとの禁断にしてやすらぎの日々か、自分を弄んだ父・東芝伯爵家と経済界の男共への復讐の修羅の道か。この昼ドラ的展開たまりませんわん。

キオクシア子爵夫人が現在選びつつあるのは修羅の道。そんな「娘」に株式保有会社を通じて依存する道を選びつつある東芝伯爵家。


「何も恥じ入ることはありませんわ。東芝伯爵家御当主様、いえお父様」
「ええ、養って差し上げますとも。皆様の細指の先から尻毛の一本に至るまで」

下手な昼ドラより数段面白いドロドロ劇の幕が今上がろうとしていますわん。たまりませんわん。

東芝、3社への分割検討 経営効率化、それぞれ上場目指す

 東芝がインフラ、半導体、その他の事業ごとに、三つの企業に分割する方向で検討していることが8日、関係者への取材で分かった。効率的な経営を目指すのが狙い。3社はそれぞれ上場を目指すという。実現すれば国内の大企業としては異例で、東芝は総合電機企業の旗を降ろすことになる。日本の産業界にも大きな影響を与えそうだ。

 12日に公表する新中期経営計画に盛り込むことも考えている。東芝は「企業価値向上に向けて事業分割も選択肢の一つとして検討しているのは事実。決定した事実はない」としている。

(2021/11/8 共同通信)

1 個のコメント

  • GE、事業別に3社に分割へ-コングロマリットの歴史に終止符
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-11-09/R2B0GGT0G1KW01?srnd=cojp-v2

    米ゼネラル・エレクトリック(GE)は、ヘルスケア、電力、航空の3事業別に分社化する。コングロマリットとしての同社の歴史に終止符が打たれる。
    GEの9日の発表によると、ヘルスケア事業は2023年序盤にスピンオフする。また再生可能エネルギー、電力設備、デジタル事業を別の部門に統合し、こちらは24年にスピンオフする計画。エンジン製造事業のGEアビエーションが残ることになる。

    GEお前もか。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。