【水道は儲からない】10/7の首都圏地震で水道管破裂が多発、耐震対応進める ~ 松野博一官房長官【票にならないからなあ】

  • 松野官房長官は、今回の地震で断水の事例は確認されていないものの、水道管の破損による漏水が一部で発生したと述べた。
  • 続けて「今回の破損は、直接的には地震によるものだが、水道管の老朽化と耐震性への対応が十分でないことも課題として認識した」と指摘。地方自治体の関連する水道事業者などに対し、技術的、財政的支援を政府として行っていく方針を示した。

都心ほど、高度経済成長期の普及の反動で水道施設の老朽化が進んでいるからなあ。かといって、人口が伸び悩んでいる~減っている自治体では、水道利用者の減少≒収益悪化&有権者数減少のせいで、インフラ維持のカネなんて確保しようがないし。

首都圏位の規模なら、コンセッション方式で丸っと民営化すればなんとかお金は捻出できるけど、事態は緊急を要する。とりま、国になんとかしてもらうしかない。それまでは、

の一択。キツイね。

7日の地震で水道管破裂が多発、老朽化・耐震対応進める=松野官房長官

[東京 8日 ロイター] – 松野博一官房長官は8日午後の会見で、7日夜の首都圏を中心にした強い地震で水道管の破裂事故が多発したことに対し、老朽化や耐震性で十分でない部分があったと指摘した。その上で政府から関係する自治体などに財政的、技術的な支援をしていく方針を示した。

松野官房長官は、今回の地震で断水の事例は確認されていないものの、水道管の破損による漏水が一部で発生したと述べた。続けて「今回の破損は、直接的には地震によるものだが、水道管の老朽化と耐震性への対応が十分でないことも課題として認識した」と指摘。地方自治体の関連する水道事業者などに対し、技術的、財政的支援を政府として行っていく方針を示した。

一方、今回の地震で帰宅困難者が多数、発生したことに対しては、鉄道各社に終電後の電車運行を要請し、タクシー会社にも可能な限りの配車を要請したと説明。「政府としてできる限りの対応は行った」とした。

ただ、多くの帰宅困難者が駅周辺で発生したことに対し「帰宅困難者対策の重要性を改めて認識した」と述べ、デジタル技術を活用した情報提供手段などの方法を検討していくと語った。

(2021/10/8 ロイター)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。