【内ゲバ経由内戦】アビー・アハメド@エチオピア首相、ティグレ人民解放戦線(TPLF)との戦闘に「国家総動員令」【更なる泥沼へ】

 アビー氏は昨年11月、政府と対立するティグレ(Tigray)州政府を率いる「ティグレ人民解放戦線(TPLF)」を制圧するため、北部ティグレ州に派兵。同国北部では以後、武力衝突が続いている。

サラッと書いているけど、この内戦の内情は次の通り。

【ノーベル平和賞受賞者が】アビー・アハメド首相率いるエチオピア政府軍、ティグレ州都メケレからティグレ人民解放戦線(TPLF)を駆逐【その翌年に内戦を力押しで制圧ねえ】(2020/11/29)

今回のエチオピア内戦だが、その根っこは、エチオピア人民革命民主戦線(EPRDF、現・繁栄党)の慢性的内ゲバ。これが、去年の繁栄党結党をきっかけに、「それまでEPRDFの主役だった」ティグレ人民解放戦線(TPLF)のブチギレ&連立政権離脱で決定的に拗れたのが原因。アビー政権主流派vs非主流派&TPLFという決定的な対立構造になってしまったのが理由なわけで、TPLFの根城・ティグレ州のドンパチそのものはいわばおまけ。

ちな、山の多いティグレ州は、山岳ゲリラ戦上手のTPLFにとって庭そのもの。州都を失っても、そう簡単に政府軍には降伏せんよ。ゲリラ戦の先輩・中国がバックにいるとあっては尚のこと。

というわけで案の定、TPLFは降伏せず、むしろ泥沼化した本件。しかしなんだね。仮にもノーベル平和賞を貰った人間が、内ゲバの敵対勢力を潰すために、「愛国心」を持ち出して「国家総動員」を発令とはね。それも国民に相互監視や密告を推奨しながらとは、いやはや。



少なくとも「オッサンの御威光で次回最終回」ってことにはならんだろうな。むしろダラダラ度が増して収まるものも収まらなくなるに100カノッサ。

エチオピア首相、適格者全員に従軍呼び掛け 戦闘激化で

【8月11日 AFP】エチオピアの多数の地域で戦闘が激化する中、2019年にノーベル平和賞(Nobel Peace Prize)を受賞したアビー・アハメド(Abiy Ahmed)首相は10日、軍務適格者は全員軍に加わるよう呼び掛けた。

首相府は、「今こそ軍務に適したエチオピアの成人全員が国防軍、特殊部隊、民兵組織に加入し、愛国心を示す時だ」と述べた。

アビー氏は昨年11月、政府と対立するティグレ(Tigray)州政府を率いる「ティグレ人民解放戦線(TPLF)」を制圧するため、北部ティグレ州に派兵。同国北部では以後、武力衝突が続いている。アビー氏は2か月前、8か月近く紛争状態だったティグレ州で、「一方的な停戦」を宣言したばかり。

派兵から9か月後、TPLFは隣接するアファール(Afar)州やアムハラ(Amhara)州に進攻。国連(UN)によると、ティグレ州では40万人が飢饉(ききん)のような状況に直面しているとされるが、支援は難航している。

今月10日、政府もしびれを切らしたとみられ、アビー氏は治安部隊に対し、「反逆的なテロ組織TPLFによる破壊活動と、外国勢力の陰謀を完全に阻止するよう」命じた。

首相府は、軍に加われない人は、「物資提供や精神的支援」など、他の方法で軍に貢献できると述べている。「テロ組織TPLFのスパイや工作員を突き止めるため、すべてのエチオピア人が国家の目となり耳となり、治安部隊と緊密に協力しなければならない」 (c)AFP/Robbie COREY-BOULET

(2021/8/11 AFP-BB)

ここで「ペイントで「スペースコブラ」OP【完全版】」を紹介。

平和と名作は一日にしてならず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。