【関係者の面子を見ただけで】ネット中傷の啓発団体「この指とめよう」小竹海広代表、自らの暴言ツイートが問題視され謝罪【色々お察し】

とりま、この一文を読んでみた。

「この指とめよう」は今年5月25日、コピーライターの小竹さんが発起人として設立された。アドバイザリーボードのメンバーには、ジャーナリストの津田大介さんやブロガーのはあちゅうさんなどが入っている。

はい、撤収。論ずるに及ばず。


「この指なんとかの人たちは残念でしたね。自分達を守るために作った組織が稼働前に機能停止になってしまって」

どっかの少佐のセリフじゃないけどさ、ありがたいことに世の中の中傷書き込みの狂気は、「この指とめよう」とやらが保証してくれるわけだ。

では「この指とめよう」の正気は、どこの誰が保証してくれるのかね?是非とも聞きたいもんだ。

ネット中傷の啓発団体「この指とめよう」小竹代表、自らの暴言ツイートが問題視され謝罪

SNSでの誹謗中傷を減らすことを目標とした一般社団法人「この指とめよう」の代表理事、小竹海広さんが過去の投稿が問題視された件で、小竹さんは5月30日、ツイッター上で謝罪文を投稿した。

この中で、小竹さんは「私が過去に、SNSで傷つけてしまった方や、その家族、関係者様、支援企業・運営関係の皆さま、全ての方に心からお詫びを申し上げます」「自分の未熟さを後悔し、反省しております」と謝罪した。

今後の活動については、「猛省を深め、『SNSでの誹謗中傷を減らす』という理念のもと、方向性の見直しを含めて、関係各所との熟議を重ねて参ります」としている。

「この指とめよう」は今年5月25日、コピーライターの小竹さんが発起人として設立された。アドバイザリーボードのメンバーには、ジャーナリストの津田大介さんやブロガーのはあちゅうさんなどが入っている。

ツイッターに啓発広告を配信するほか、今後子ども向けの啓発図書を作成し、2025年までに誹謗中傷ツイート件数を半減することを活動目標としている。

ネットでは、小竹海広さんが過去に自身のツイッターで、子役タレントについて「死ね」と書いたりアイドルグループについて「風俗嬢にしか見えてないし」などと呟いたりしていたことが問題視されていた。

(2021/5/30 弁護士ドットコム)

ここで「【MMDカメラ配布】うまぴょい伝説/Sour式リン・ミク・ルカ」を紹介。

はらいそ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。