【火遊びの場所を問わない】人妻女性警官、交番や署内で不倫相手達とチョメチョメ ~ 兵庫【人妻の動き】

  •  女性巡査部長は2019年秋、同じ署の勤務でその日は休みだった20代の男性巡査長に「差し入れに来て」などとLINEで誘い、夕方ごろ交番内で性行為をしたという。その時間帯は女性だけが交番で勤務していた。2人は不倫関係だった。
  •  女性は巡査長と別れた後、同じ署の30代の男性巡査部長と互いに不倫関係に。昨年3月ごろ、互いに当直勤務だった日の夜に署内でキスをしたという。女性が勤務していた交番は女性用の仮眠室がなく、夜間は警察署で休憩することになっていた。

不倫遊びを途切らせない人妻警官の行動の迅速さ。これぞまさしく

んー。ちょっと違うかなー。あるいは全然違わないかなー。それはそれとして、

  • 県警の調査に対し、女性は「けじめがつけられなかった」、男性巡査長は「うかれていた」、巡査部長は「気持ちを確かめたかった」と説明しているという。

既婚者三者三様の反省の弁がじわる。

また交番で……性行為 同僚誘った女性警官を減給 兵庫

勤務中に同僚の警察官を誘い、交番で性行為をしたなどとして、兵庫県警は28日、同県西宮市内の交番に勤務していた20代の女性巡査部長を減給3カ月の懲戒処分にした。相手の男性警察官2人についても内規に基づいて処分した。県警関係者への取材でわかった。

女性巡査部長は2019年秋、同じ署の勤務でその日は休みだった20代の男性巡査長に「差し入れに来て」などとLINEで誘い、夕方ごろ交番内で性行為をしたという。その時間帯は女性だけが交番で勤務していた。2人は不倫関係だった。

女性は巡査長と別れた後、同じ署の30代の男性巡査部長と互いに不倫関係に。昨年3月ごろ、互いに当直勤務だった日の夜に署内でキスをしたという。女性が勤務していた交番は女性用の仮眠室がなく、夜間は警察署で休憩することになっていた。

内部からの通報で発覚した。県警の調査に対し、女性は「けじめがつけられなかった」、男性巡査長は「うかれていた」、巡査部長は「気持ちを確かめたかった」と説明しているという。女性と巡査長は依願退職した。

県警では昨年3月にも、夜の交番で性行為をしたとして尼崎東署の警察官の男女を「信頼失墜行為」として処分した。

(2021/5/28 朝日新聞)

ここで「【ウマ娘】彩 Pantasia 新衣装エアグルーヴVer 【1080p高画質】」を紹介。

新衣装の女帝様から迸る人妻臭。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。