【トラックが吐いた排ガスで】軽油に灯油を混ぜた不正軽油1000万リットルの密造アジト管理者・岡野隆容疑者、逮捕【混ぜ物の多寡が分かるのよ】

あー あんまり混ぜては いけないよ
あー 白煙黒煙 気をつけて

  • 県警によると、今回の事件で確認された不正軽油の販売量は約1800万リットル。軽油引取税(1リットルあたり32・1円)の支払いを免れており、脱税額は約6億円に上るとみられる。
  • 県警は2月14日、同県小野市の同販売会社社長、北川徳幸容疑者(50)=同法違反容疑で再逮捕=ら2人を逮捕。その後の捜査で、岡野容疑者も不正に関与した疑いが強まった。

この手の不正軽油の販売先はトラックを使う運送業者と相場が決まっている。捜査関係者は密造屋を摘発するだけでなく、彼らの顧客トラック業者に片っ端からチェックを入れて脅しとかないと、連中、別の燃料販売業者を使って同じことをやらかすぞ。

不正軽油1000万リットル密造疑い、アジト管理の男を逮捕 兵庫県警

軽油に灯油を混ぜた不正軽油を密造したとして、2月に石油製品販売会社の社長ら2人が逮捕された事件で、兵庫県警生活環境課は6日、地方税法違反の疑いで、兵庫県加古川市内の密造アジトを管理していた岡野隆容疑者(68)を新たに逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
捜査関係者によると、岡野容疑者は社長らと共謀し平成27~29年、加古川市内の油槽所で不正軽油約1000万リットルを密造した疑いが持たれている。
県警によると、今回の事件で確認された不正軽油の販売量は約1800万リットル。軽油引取税(1リットルあたり32・1円)の支払いを免れており、脱税額は約6億円に上るとみられる。
県警は2月14日、同県小野市の同販売会社社長、北川徳幸容疑者(50)=同法違反容疑で再逮捕=ら2人を逮捕。その後の捜査で、岡野容疑者も不正に関与した疑いが強まった。

(2019/3/6 産経新聞)

ここで「ロキ【アイドル部】」を紹介。

どうせなら本作のように万人から尊敬される混ぜ混ぜをやりませう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。