【米国との関係なんて】サウジアラビア、首都リヤドでイエメン・フーシ派から撃ち込まれたミサイルを迎撃【飾りです】

国際社会の偉い人にはそれが分からんのです。


サウジが内戦に軍事介入しているイエメンの武装組織フーシ派が攻撃を認め、「侵略が続く限り、作戦を拡大する」と主張。一方、サウジは「フーシ派は民間人への敵対行為を強めている」と非難した。

戦意があれば戦う。それが中東の流儀。

米帝の頭目が代わったくらいでは変わらんよ。現地の本質は。

サウジ、首都でミサイル迎撃 イエメン・フーシ派の攻撃

【カイロ時事】サウジアラビアで27日から28日にかけ、首都リヤド上空で弾道ミサイル1発が迎撃されたほか、南部の複数の地域で爆発物を積んだ無人機6機が破壊された。国営メディアが伝えた。サウジが内戦に軍事介入しているイエメンの武装組織フーシ派が攻撃を認め、「侵略が続く限り、作戦を拡大する」と主張。一方、サウジは「フーシ派は民間人への敵対行為を強めている」と非難した。
リヤドでは迎撃されたミサイルの破片で家屋が損壊したが、人的被害はなかった。

(2021/2/28 時事通信)

ここで「OP Viva! Spark!トロピカル~ジュ!プリキュア」を紹介。

サウジもフーシも仲良く一緒にトロピカろうよ。きっとたーのしーぞー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。