【次は中国の「天問1号」】2021年2月は火星が熱い ~ UAE探査機「HOPE」が火星軌道へ【その次は米国の「Perseverance」】


「月も負けてられないぞ!」

といって、今みたいな「月の氷」のサンプル奪取合戦は、少しばかしノーサンキューだけど。だって生臭すぎるんだもん。

火星に関しては、もうちょっとだけでいいのでドリーミーなフロンティアであり続けて欲しいのです。

UAE探査機が火星軌道に アラブ初、宇宙開発を重視

 日本のロケットに搭載され、打ち上げられたアラブ首長国連邦(UAE)初の火星探査機「HOPE(ホープ)」が10日未明(日本時間)、火星を回る軌道に入ることに成功した。探査機の火星到達はアラブ諸国として初めて。
 HOPEは昨年7月に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた三菱重工業のH2Aロケット42号機に積載されて軌道に投入された後、火星に向かっていた。今後は少なくとも火星の1年に相当する687日間にわたって火星を周回しながら、大気の温度や水蒸気、ちりなどのデータを集めて、火星の天候の実態を調べる。
 UAE副大統領でドバイ首長国のムハンマド首長は「アラブ史の新たな章の始まりだ」とツイッターに投稿した。ドバイにある高さ世界一のビル「ブルジュ・ハリファ」は火星にちなんで赤色にライトアップされるなど、国を挙げて成功を祝った。UAEは今年、建国50周年を迎え、国家事業として宇宙開発を重視している。今月は、同時期に打ち上げられた中国の天問1号、米国のパーサビアランスの探査機もそれぞれ火星に到達する予定。(ドバイ=伊藤喜之)

(2021/2/10 朝日新聞)

ここで「【MAD】ウマ娘 プリティーダービー Season 2+高速戦隊ターボレンジャー」を紹介。

護りたいのは府中。

1 個のコメント

  • 中国の火星探査機「天問1号」、周回軌道に投入成功…5月に軟着陸目指す
    https://www.yomiuri.co.jp/science/20210210-OYT1T50251/

     【北京=中川孝之、カイロ=上地洋実】中国とアラブ首長国連邦(UAE)が、火星探査機を火星の周回軌道に投入することに相次いで成功した。

    中国南部の海南島からロケットで打ち上げられた火星探査機「天問1号」(昨年7月、ロイター)
     中国国営新華社通信によると、中国の火星探査機「天問1号」は10日夜、周回軌道に初めて到達した。約3か月、周回しながら観測を行い、5月に火星への軟着陸を目指す。

    いや~乱世乱世。血は流れないけど、間違いなく新大陸の利権を巡っての乱世到来でござる。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です