【スラップ訴訟で】東京地裁「山崎雅弘氏による差別指摘は公正な論評」 原告の作家・竹田恒泰氏敗訴【原告にブーメラン直撃ってのは珍しい】

それも「司法公認の差別主義者」というオマケ付とは、


「狙ってできることではありませんわ~(ヘブン状態)」

竹田氏も、作家なら今の境遇を活かさない手はないぞ。さあ、新しい行動を起こすんだ!そして更に泥沼にハマるんだ!ハリー!ハリー!

差別指摘は「公正な論評」 作家の竹田氏敗訴―東京地裁

 ツイッターで「差別主義者」などと指摘されたのは名誉毀損(きそん)に当たるとして、作家の竹田恒泰氏が紛争史研究家の山崎雅弘氏を相手取り、550万円の賠償などを求めた訴訟の判決が5日、東京地裁であった。前沢達朗裁判長は投稿について「公正な論評で違法性を欠く」と述べ、請求を棄却した。
 判決によると、山崎氏は2019年11月、富山県朝日町教育委員会が、中高生らを対象とした講演会に竹田氏を講師として招くことについて、「問題なのは、公的機関が特定国やその出身者に対する差別やいじめの常習者である竹田氏を登壇させること」などとツイッターに投稿した。
 竹田氏は投稿について「誹謗(ひぼう)中傷で、人格攻撃を繰り返した」と主張。損害賠償と投稿の削除などを求めていた。
 前沢裁判長は、竹田氏が著書で「(中華民族は)民度の低い哀れむべき方々」と記したことや、「韓国は、ゆすりたかりの名人」とツイッターに投稿したことなどに触れ、山崎氏の投稿は人権侵害や差別が広がることを懸念した公益目的があり、「相応の根拠がある」と判断した。
 同日、東京都内で会見した山崎氏は「公正な判断。著名人が公然と特定の民族を差別する今の社会は危険だ」と訴えた。
 竹田氏の代理人弁護士は「依頼人と協議し、今後の対応を決めたい」としている。

(2021/2/5 時事通信)

ここで「【ウマ娘MAD】Dream Journey【トウカイテイオー・メジロマックイーン】」を紹介。

人生まっすぐ生きた者が、最後には笑って命を抱けるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。