「高血圧緊急症」で入院中の原仁史@雲南市長、女性看護師を襲って逮捕

 逮捕容疑は同日午前6時50分ごろ、出雲市内の病院で看護師につかみかかるなど暴行し、首や耳などにけがをさせたとしている。

高血圧緊急症の症状として知られているのは意識障害や錯乱。今回の暴行劇の原因もそれかなあ。

そうじゃなかったら逆に大問題。特に第三者の悪意が絡んでいたりしたら超大問題。

雲南市長を傷害容疑で逮捕 島根県警 入院中に看護師につかみかかる

入院先の病院で看護師の女性(28)にけがをさせたとして、島根県警出雲署は16日、同県雲南(うんなん)市長の原仁史容疑者(65)を傷害容疑で逮捕した。「間違いない」と容疑を認めているという。
逮捕容疑は同日午前6時50分ごろ、出雲市内の病院で看護師につかみかかるなど暴行し、首や耳などにけがをさせたとしている。
原容疑者は島根県健康福祉部長などを歴任し、任期満了に伴う雲南市長選に立候補、11月8日に無投票で初当選したばかり。高血圧緊急症の治療のため、12月9日から入院していた。【小坂春乃】

(2020/12/16 毎日新聞)

ここで「ルマトアキ【大和亜季誕生祭2020】」を紹介。

戦おう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。