「ヒーリングっど♥プリキュア」第33話「思い出の再会!過去のわたしの贈りもの」感想 ~ 「立った!医者の卵のどか@最終話のフラグが立った!」






ここまで布石とフラグをバラまいといて、ヒープリ最終話で、医者or研究者の卵になった花寺のどか嬢@CV悠木碧女史が、蜂須賀先生@CV浜田賢二氏のもとを訪ねて、「先生…来ちゃった(意味深)」なラストにならなかったら嘘やで。

この出会いも運命

そして即嫉妬経由でキレるダルイゼン@CV田村睦心女史。キミ、そういうところだぞ。


そりゃ、おかんにも怒られるわ。

関係ないけど、中年のオッサンが校門前でJCの出待ちして、食事に誘っていたら、普通は事案だよね。本件はJC側の家族同伴決定済みだったから職質回避だったけど。


平光ひなた嬢@CV河野ひより女史のこのセリフも、薄くて高い本的に脳内で翻訳すると、結構危ない。

そんなヲタの思惑なんぞ我関せずに、無言で健啖ぶりを披露し続ける風鈴アスミ嬢@CV三森すずこ女史。しゅき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

アングラから政治ネタまで色々モノ調べをやっているイロモノアナリストです。思想は保守中道、趣味はサブカル全般、歴史、各種コンサル。ボーイッシュと大和撫子がマイ趣味女の子の双璧。